Java言語は現在のプログラム制作・システム開発の仕事でC,C++言語と並んで最も良く使われている言語です。

もともとネット上のシステム開発に最適なように設計されたため、楽天のショッピングモールシステムやAmazon.comのオンラインショッピングシステムなどはJavaで作られています。
役所や大企業などで使う製造、販売、データ管理などの大規模システムも現在多くがJavaで作られています。

また、ギャラクシーなどのAndroidOSで動くスマートフォンもOSやアプリケーションはJava言語で作られます。
iphoneやipadは逆にOSやアプリケーションはC,C++言語で作られています。

ですから札幌や首都圏でもプログラマの求人で一番多いのがJavaによる大規模システム開発の求人です。
そのため、プログラマに転職しようと思ったら、まずJava言語によるシステム開発をマスターしなければなりません

WindowsなどのOS=基本ソフトを開発するために作られたC言語と違って、作ったプログラムはどんなOS・コンピュータでも動くというのが最大の特徴です。

ゆえに、一度作ったシステムはコンピュータを取り替えても動きます。
これは『Write at once anywhere』と呼ばれています。訳すと『1度書いたプログラムはどのコンピュータでも動く』となります。

Windowsで作ったプログラムも当然MACでも動きます。しかしC言語などの他の言語はこのようには動きません。

Java言語は科学技術研究用の高性能小型コンピュータ=ワークステーションを開発販売していたサンマイクロシステムズが1995年発表しました。

どこでも動くようにしたのはWindows以外の、サンのOSであるUNIXなどでも作ったプログラムが動くようにしてコンピュータを売りたかった事などいくつかの理由があれますが、ライバルであるマイクロソフトにネット用のシステム開発で優位に立とうした事が大きな原因です。

Java言語はC言語の拡張版であるC++言語とSmalltalkと言う言語を元に作られたため、基本的な文法はC,C++言語と共通しています。

そのため札幌WEBプログラミングスクールの『Java基本;応用講座』を受講された生徒さんは20講座(1講座80分)でC,C++の全基本文法をマスターされています。
『Java基本;応用講座』修了後、『C,C++言語基本文法講座』を受講される人は8割にのぼります。

小中学生がJava言語を学ぶ上での難点は命令が長いこと


小中学生ががJava言語を学ぶ上で一つ難点となるのはC言語と比べても一つ一つの命令の記述が長い事です。
こちらのサンプルプログラムを見ると、圧倒的にBasic言語が短く簡素で、Java言語はC言語と比べても相当記述が長い事がお分かりいただけると思います。

現在、情報オリンピックを目指している人には指定がC言語なのでC言語を選択していただいていますが、IT関連の仕事に就きたいなどの希望を持っている方にはJava言語とBasic言語の両方を体験していただいてどちらか好みの方を選択していただいていおります。

Java言語であればプロのプログラマとしてのスキルが身に付きますし、Basic言語は圧倒的に楽に速く学習を進めてプログラミングの基本を修得できます。

Java言語は市販テキストも併用しながらオリジナルの自学自習用テキストを主に使用して学習していただいております。

学習する内容は社会人が学習するものと完全に同じですが、生徒さんの理解と進み具合に従って進度を調整して授業を進めています。