目標としてのザッガーバーグや三木谷浩史氏! 高校性でネットビジネスの起業を目標にします

 

 札幌WEBプログラミングスクールの横田昌彦です。

 札プロでは中学生・高校生コースの内容を大胆に変えました。
これまではプログラミング教育を通して論理的に課題を解決したり、革新的なもの作りの出来る人間の養成を目的にして来ましたが、今回はさらに先を進みイノベーションとして、具体的に札プロからFacebook創設者のザッガーバーグや楽天創業の三木谷浩史氏のようなITテクノロジーを活用したベンチャー起業家が巣立っていくようにする事を目的とします。

 さらに、もう一つの目標はスマートフォンアプリを作って、実際にAppsStoreなどで販売してヒットを狙っていただきます。

 すでに中学や高校で起業をして成功している起業家も多くいます。
 そこで札プロではプログラミングと平行して『起業論』の講座を受講していただきます。

 今回のスクール内容の革新は、昨年からの小学生から高校生までの親御さんの当スクールへの問合わせの多さと無料相談会・入会面談でのご本人の生の声、要望を聴いてそのご希望に応えられる内容にしようと考えての事です。

 非常に雇用が不安定な社会となった今、プログラミングとインターネットを活用したビジネススキルは若くしての一躍千金のチャンスをもたらしくれるだけでなく、会社をリストラされたりしても自分で稼いで生きていける『生き抜く力』を与えてくれます。

 対象は小学5年生以上ですが、小1から小4までの今回のカリキュラム受講までの前準備となる講座も近日中に全容を発表いたします。

 詳しくはこちらの中高校生コースサイトをご覧下さい。