2020年の小学校でのプログラミング教育必修化を前に小学生のプログラミングスクールが増えいています。
今日はプログラミングとは何か?また、どんな内容を学ばせたら良いのか?子供に最適なプログラミングスクールの選び方を解説いたします。

プログラミングって何でしょう?

 プログラムとはコンピュータにさせたい仕事を順番に並べた命令書です。
 プログラムは英単語で書いていきます。書くのはメモ帳などでかまいません。 プログラムはC言語やJava言語などのプログラム開発言語というもので書いていきます。
 プログラムはコンパイルといってコンピュータに分かる2進数に翻訳してコンピュータにインストール=記憶させ実行します。
 このようにプログラムを作る事をプログラミングといいます。 プログラムを作る事を職業にしている人がプログラマです。

2020年から小学校ではどんな学習をするのか

 文部省の指導要領には「プログラミングを教えるのではなく、プログラミングと言う教科が出来るのではなく、国語や算数などの教科の中で、プログラミング的思考を使って、各教科の学習内容の理解がより進むことを狙う」と書いてあります。

 「プログラミング的思考」とは、物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといった、論理的に考えていく力のこと。と定義されています。
 例えば算数で、最大公約数を求める手順をプログラムの設計図である流れ図(フロチャート)で表してみるなどです。

プログラミングスクールで教えている事の内容

  まずはマサチューセッツ工科大のメディアラボで開発されたスクラッチ。これは疑似言語と呼ばれるもので、通常のプログラムは英単語でを書きますが、スクラッチは文字の書かれたブロックをクリック&ドラッグで組み合わせてプログラムを作るので小学校低学年のお子さんにでも無理なく楽しんでプログラムを作れます。
 ゲームプログラムも簡単に作れるので子供達に大人気です。

 次にプログラム開発言語中では最も易しいBASIC言語。ICHIGOJAM(イチゴジャム)という小さな基盤のコンピュータを使用するスクールが多いです。アルファベットが読めて打てれば小学校低学年でもスムーズに学習を進められます。
 ゲームプログラムも比較的簡単に作れるのでスクラッチと人気を2分しています。
 さらに小学校の4年生以上では、現在のプログラム作成で主流のJava言語やC言語などを大人のように学べる札プロのようなスクールも数少ないですが存在します。
 
 C言語やSwiftといった言語をマスターしてiphoneアプリを作る講座を開講しているスクールもあります。

疑似言語の問題点

 富士通やNECが社員のプログラミング教育で採用してきた2言語主義という方法は、その時代に主流の最も難かしいプログラム開発言語を2つマスタするというものです。
 2言語主義で学べば、他の言語でもプログラミングは難なくできます。なぜならば、他の言語は何もかもを易しく感じられるので、極めて短時間でスムーズにマスタできるのです。
 スクラッチなどの疑似言語から学んだ場合、C言語やJava言語などに移行した場合、何もかもが難しく感じられアレルギー反応を起こす可能性があります。
 疑似言語を教える指導者がこの事に熟知していて、スムーズに移行できるように疑似言語学習で配慮することが重要です。

独学ではどうか

 札プロではC言語などを独学で進んで、途中で難しくて進めなくなって入会される生徒さんが少なからずおられます。
 こういった生徒さんの場合、「ここからは専門家に預けてきちんとした教育を受けた方が良い」と考えられ入会させる父母が多いです。
 独学で、どんどんハイレベルなところまで進むお子さんは稀で、そのようなお子様は天才的な才能の持ち主であると言って良いでしょう。

通わせるべきか?身に付く能力は何か?

 ここ数年指導しての実感は、プログラミング教育は早期に始めるほど良いという事です。頭が柔軟で脳の発達期にある年少のお子さんは、プログラミング学習によって短期間に論理的な思考力を高めていきます。
 当然、算数や理科、国語などの学習にも好結果をもたらします。
 さらに、中高校生の場合、学習の仕方をマスタする格好のトレーニングになります。
 例えばC言語であれば『ポインタ』という機能がありますが『ポインタ』とは何か?という事について、分かりやすく十分な説明を記述してもらいます。
 その事で、『わかる』という事がどういう事を実感してもらえます。また、情報オリンピックの課題プログラムは、ほとんど数学と変わる事がありませんの高校数学の学習の仕方も同時に学んでいくことになります。

オンラインTV電話と通学どっちが良いのか

 ベストは通学です。学習している状況を真直に見られますので、キメ細かく最適な指導ができます。
 SkypeによるオンラインTV電話授業を通学と比べると、再現率はおおよそ80%とお考え下さい。最も大切なのは通信回線の良否で、マンションで共通使用のWiFiなどを使用した場合は授業中何度も回線が切れたりするので継続は困難となります。
 回線状況が良好であればだいたいにおいて順調に授業は進んでいきます。

将来に役立つか

 現在は大きな産業構造の転換期に来ています。自動車や家電製品などが中心の産業から、インターネット、人工知能・AI、ロボット、再生可能エネルギー、温暖化対策などの産業が爆発的に規模を拡大させて来ています。その中心となるのがプログラミングです。
 プログラミングが出来れば起業してIT長者と称される大富豪になる事も決して夢ではありません。

諸外国の取り組み

 2020年の小学校におけるプログラミング必修化ではプログラミングに関する新しい教科が出来るわけではありません。
 これはアメリカによる圧力もあると思います。
 戦勝国であるイギリスやイスラエル、エストニアといった国では小学1年から『プログラミング』を教科にして、プログラミングを疑似言語から教えています。
 その成果は目覚ましくこれらの国ではIT・コンピュータ関連の特許取得数が世界トップクラスになっておりコンピュータ関連サービスで起業する人も急激に増えています。